検定について

新しい昇級スタイル:O.T.S空手検定協会

2020年6月より新しい検定システム創設の為のクラウドファンディングを開始しました。

道場に通えなくても空手の黒帯を目指せる昇級システムを!
https://readyfor.jp/projects/37356


◆検定スタイルの内容

昇級試験を受講するに辺り、特定の道場や団体に所属する義務はありません。英語検定をイメージすると解りやすいと思います。英検を受講するには、英語教室や英会話教室に通う義務はありません。

言うならば「空手家以外でも昇級試験が受けられる」のです。

試験には二通りの方法があります。一つは従来の空手試験と同様、大きな会場に集まり、一斉に試験をする方法です。しかし、新型コロナの影響が続く間は、その方法は行えません。

そこでもう一つの方法として「動画試験」です。試験内容を動画で撮影し送付してもらい、その動画を見て合否を判断します。撮影方法は「全体が写る事」「編集をしない事」等、規約を設けて行います。

他、純粋に試験のみを行いたい方の為に、「検定代」と「賞状代」「帯代」は分けて、賞状や帯はオプションとして自由に選べるように設定します。例えば試験のみを受けたい場合は検定代2,000円のみ。賞状や帯が欲しい方は賞状代1,000円、帯代3,000円と加算されます。純粋に技術を確かめたい方から、形として賞状や帯も欲しい方まで、幅広い層に向けたシステムとします。

また、自主練習のみでは不安な方向けに、動画アドバイス、出張レッスンサービスも行います。

☆現在、クラウドファンディングと並行してO.T.S空手検定協会の創設準備中です。

PAGE TOP