子供の前で絶対やってはいけない事

2021/07/20

小山田圭吾氏の件が話題になっていましたね。

 

私は音楽の世界には疎いので、小山田氏の事は知らなかったのですが、音楽に関しては実績がある人のようです。

ただ、過去の言動は酷すぎますね。

そしてなぜ、よりにもよってパラリンピックに最も向いていないであろう小山田氏のような人を選んだのでしょうか?

任命責任は大きいと思いました。

 

人をいたぶる事に罪悪感を感じない人間は残念ながら一定数います。

そういう“悪い人”に対して私は、

 

先天的(生まれた時から)に悪い人だったのか?

後天的(環境)に悪い人になったのか?

その両方か?

 

と考える癖があります。

先天的ならお手上げですが、後天的要素があるのならば、その要素を把握し、子供の教育に活かす必要があると考えています。

 

時代と共に教育の価値観は変動します。

子供それぞれの性格や気質、環境によって、教育の在り方は変わります。

なので、教育論に関しては自分の価値観が「絶対」だと思わず、常に勉強する心構えが大切だと思っています。

ただし、それでも私が思う、

 

子供の前で絶対やってはいけない事

 

があります。

それは、

 

親が先生の悪口を言う

先生が親の悪口を言う

父親が母親の悪口を言う

母親が父親の悪口を言う

 

等です。つまり、

 

大人が他の大人の悪口を言う

 

です。

これは例え悪口を言われる側が100%悪く、悪く言われても仕方が無い人間だったとしても、止めるべきです。

勿論、違法な事、非道徳的な事であれば別です。

それでも言葉選びは慎重にすべきだと思いますが。

 

考え方や価値観の違いだけで他人を悪く言うべきではない、まして子供の前で言うべきではない、というのが私の考えです。

 

子供にとって、親や先生の存在は大きいものです。

よって、子供の見識で、本質的に良し悪しを判断する事は難しく、必然的に大人の意見を鵜呑みにする事になります。

例えば親から、

 

「○〇先生は間違っている」

「お父さんは間違っている」

「お母さんは間違っている」

 

等と聞かされた子供はどう感じるでしょうか?

親の言う事を鵜吞みにして、対象の人間を軽んじたり、見下したりするかも知れません。

あるいは、

 

「先生が好き」

「お父さんが好き」

「お母さんが好き」

 

なのに、親がそれらを悪く言う場合、子供は何を信じてよいのか解らなくなり、人間不信に陥るかも知れません。

 

この私の考えと、小山田氏の話は関係ないかも知れません。

しかし私の経験上、いじめをする子供の親の多くは、

「子供の前で絶対やってはいけない事」

すなわち、

 

大人が他の大人の悪口を言う

 

をやらかしています。

子供の前で「大人が他の大人の悪口を言う」行為は、百万害あって一利もありません。

大人同士の会話(愚痴の言い合い等)でも、子供は案外聞いています。

大人の皆さんは気を付けましょう!

 

【登録無料】川嶋塾のアプリに登録すると新着情報の確認や稽古予約に便利です

↓アプリ登録方法の動画です↓

川嶋佑のSNSはこちら ☆フォロー、友達申請はお気軽に

Twitter

Instagram

Facebook

 

お問い合わせ

 

川嶋佑公式サイト(出張レッスン・オンラインレッスン対応)

https://www.kawashimayu.com/

 

川嶋空手教室(三鷹・日暮里)

https://karate.kawashimayu.com/

 

OTS空手検定協会(史上初の空手オープンオンラインテスト導入)

https://www.otskaratekentei.com/

 

川嶋佑の動画チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC1SKpkLky1mYmwFACEJb1sA

 

著作・DVD一覧(新作順)

 

 

 

 

 

 

 


PAGE TOP