指導で気を付けている事の一つ“笑わない”

2021/03/21

今日は私が指導をする上で、一つ気を付けている事を紹介します。

それは、

 

笑わない

 

事です。

これは何も、私の指導中が、無表情であったり、厳しいという事ではありません。

指導中に笑顔になる事は沢山あります😀

休憩中や稽古前後の楽しい雰囲気で笑う事もあります。

 

具体的に“笑わない”とは、

 

生徒が失敗した時に

“笑わない(苦笑や失笑しない)”

 

という事です。

特に子供の指導の時は気を付けています。

例えば、子供の失敗に対して、大人側は一切の悪気無く、

「微笑ましい」

気持ちで、笑ってしまう事があります。

しかし、子供からすれば、大人の笑いは、

 

ダメで笑われたのか?

微笑ましい気持ちなのか?

 

の区別がつきません。

「笑われる」

は、小さい子でも、大人が思っている以上に敏感に反応します。

 

子供でも、大人でも、何かに対して挑戦する時、学ぼうとする時に、笑われて良い気持ちにはなりません。

なので、子供の指導中、微笑ましい失敗に対して、つい笑いたくなっても、

 

「難しかったね~」

 

と共感するか、

 

「大丈夫!大丈夫!」

 

と励ますようにしています。

大人でも同じです。

大人は上手く行かない時に、自虐的、あるいは諦めの気持ちから、自分から笑ってしまう時があります。

そんな時も私は、笑顔になりつつも、

 

「コレ難しんですよ!」

「最初のうちは皆苦戦するんですよ!」

 

と明るく励まします。

一般的に「笑う」という言葉には、ポジティブな印象を抱きますが、自分が笑われた時は、思いの外ネガティブに捉えるものです。

失敗に対して、

 

笑われる

苦笑される

失笑される

 

という反応をされたら、誰でも嫌ですよね?

漫才師や芸人も、

 

笑われているのか?

笑わせているのか?

 

は、大きな違いですからね。

 

なまじ経験を重ねた指導者程、やってしまいがちなので、気を付けるようにしています。


PAGE TOP