ロッテ17連敗で感じた“一球入魂”の虚しさ

2021/02/17

1998年、私の高校時代のある日、テレビで野球観戦をしていた時の思い出です。

 

私は、熱狂的な野球ファンではありませんでしたが、この日は印象に残っています。

何故なら、父の応援する千葉ロッテが16連敗中という、悪い意味で注目せずにはいられない試合だったからです。

 

さて、この試合の投手、黒木選手は、順調に試合を進め、この調子でいけば勝利し連敗ストップ!

そして、あと一つアウトをとれば勝利!

無論、黒木選手に1ミリも油断は有りません!

雄叫びを上げながら一球入魂、魂の一投!

 

しかし・・・

 

無情にもホームランを打たれ、そのまま負け。

17連敗と言う不名誉な日本記録を更新してしまったのでした・・・

 

この出来事で、私の脳内には、

「“気合い”って一体・・・」

「“根性”って無意味?」

という考えが反芻したのでした。

 

これまでの私は(と言っても生誕から高校生)、スポコン漫画等からの影響から、

「気合いがある方が勝つ」

「根性がある方が勝つ」

という価値観でした。

 

ロッテ17連敗は、その価値観が揺らいだ出来事だったのです。

 

時を進めて2008年。

イチロー選手の動画↓の3:00~から、印象に残る言葉を聞きました。

 

集中では無く分散

 

この言葉を聞いた当初(25歳)は、その言葉がどれだけ重要なのか、解っていませんでした。

否、

「なーーーとなく」

は、体感的に納得しました。

 

何故なら当時、私の空手の試合で、

 

「体調が悪い時の方が一本、技有りが多かった」

「体調が良くて、気負っている時ほど、技が決まらない」

 

という経験をしてきたからです。

これはどういう事かと言いますと、凄く簡単に言うと、

 

気負うと力む

 

のです。

この事は、多少なりとも、スポーツや格闘技を経験している方であれば、体感していると思います。

 

しかし・・・、です。

 

「気負うと力む」という、現実があるにも関わらず、スポーツや格闘技の世界では、

 

一球入魂教

 

ともいうべき価値観を、多くの人が持っているように感じます。

確かに、あるレベルに到るまでは、一つ一つの動きや技に魂を込めるが如く、真剣に取り組む時期は必要です。

これができなければ、始まりません。

しかし、上級者、プロレベルに到っても、それで良いのか?

 

その答えを今回のセミナーでは、

 

非上達感の上達法

5大要素:無気力、崩れ力、ビビリ力、サボり力、諦め力

 

として体系化、言語化し、お伝えします。

今回、野球で例えたように、空手や武術以外のスポーツ経験者にも通じる内容になります。

ジャンルを問わず、参加者募集中です!


PAGE TOP