パーソナルレッスン業界にケンカを売るセミナー

2021/02/07

2月23日に行うセミナー(オンライン&リアル)は、既存のトレーニング理論とは次元か異なる方法論を提供します。

今回私が提唱するトレーニング理論は、

 

非上達感の上達

 

と銘打ちました。

ぶっちゃけた話、パーソナルレッスンという職業を成立させる為には、

 

宣伝段階

・上達しそうだと思う画像や写真を見せる。今風に言うとインスタ映えするように表現する。

・権威付け。科学的根拠に基づいている。アメリカで大流行した!等。

 

体験段階

・上達感を感じる結果を提供。例えば打撃が強くなった!開脚ストレッチができた!動きやすくなった!めちゃくちゃキツイ!(キツイ=強くなった筈)

 

を充実させる必要があります。

これらが充実すれば、パーソナルレッスン受講者は満足し、

 

「結果が悪くても多少は納得する。」

 

という心理になります。

基本的に、スポーツも格闘技も、多くの人は趣味の範疇で行うので、極論を言えば、

 

「楽しければ良い」

 

という事になります。

しかし、私はここで意地悪な投げかけをしたいと思います。

 

・充実感、達成感、上達感をめちゃくちゃ感じる効果が少ないトレーニング

・充実感、達成感、上達感を全然感じない効果が高いトレーニング

 

どちらが良いでしょうか?

 

この問い自体、違和感を感じる人もいるでしょう。

多くの人は、

 

上達感を得る=上達

 

という固定観念があるからです。

教わる側も教える側も、「上達感を得る=上達」という固定観念の基、トレーニングが構成されていると言っても過言では無いのです。

 

そこで私は、「上達感を得る=上達」という式をボロクソに否定する内容をセミナーで発表します。

 

新理論の名称を「非上達感の上達法」としました。

「非上達感の上達法」は、

 

無気力

崩れ力

ビビリ力

サボり力

諦め力

 

の5つの項目で構成されています。これらは、

 

適当でいい。適当がいい。

崩れてもいい。崩れた方がいい。

勇気はいらない。臆病がいい。

真面目にやらなくていい。サボった方がいい。

諦めてもいい。諦めた方がいい。

 

と言い換える事ができます。

このように、上達感や充実感を感じない、だけど高度な技術ができている。

しかし高度な技術ができている実感が薄い。

 

まさに、「非上達感の上達法」なのです。

そして、「非上達感の上達法」は、

 

脳科学×物理学×生理学×禅

 

といった要素が掛け合わさった内容です。

もし、科学的実証をしようとすれば、死ぬほどめんどくさい内容です。

ただ、別にそれら専門知識はそんなに必要ありません。

むしろ、なまじ専門知識があると、それに捉われる傾向にあります。

 

「非上達感の上達法」が公になると、賛否が出るでしょう。

以前出版した理論本も、賛否がありました。

アマゾンレビューの評価にはかなりバラツキがあります。

 

ただ、今回は自分の意志で、スポーツ界やパーソナルレッスン業界にケンカを売ります!

もっとも、品の無いケンカはしません。

あくまで、トレーニング理論のしのぎ合いが後世に繋がると信じて、紳士なケンカができればと思っています(^^)/

 

セミナー詳細はこちら↓
https://www.kawashimayu.com/news/detail/id=149


PAGE TOP