• トップ
  • 新着情報
  • 格闘技は判定勝ちを熟知していなければならない!【日暮里/格闘研究塾】

格闘技は判定勝ちを熟知していなければならない!【日暮里/格闘研究塾】

2021/02/05

昨日は日暮里のブドーステーションにて格闘研究塾。

 

この日は私の妻も参加し、野沢先生と2名が参加。

私の妻はフルコンタクト空手が強くなることが希望。

野沢先生はムエタイが強くなることが希望。

 

フルコンタクト空手とムエタイは、ジャンルが異なりますが、共通している事は、

 

打撃格闘技

 

である事。

そして、打撃格闘技の理想は何と言っても、一本勝ち、KO勝ちにあります。

しかし、経験者同士の戦いでは、中々相手を倒す事は出来ません。

 

対戦両者は、

「倒したい!」

と思うと同時に、

「倒されまい!」

と思う訳ですから、実力が伯仲するほど、消耗戦になります。

 

そこで、重要になってくる考え方は、

 

判定勝ち

 

・・・。

おそらく何人かの方は、

 

「判定勝ちを考えるなんてセコイ」

 

と思ったかも知れません。

少なくとも私は、最初はそう思っていました。

 

しかし、判定勝ちを頭に入れて練習をする事は、理想が一本勝ちやKO勝ちであればこそ、とても大事です。

 

格闘技とは難しいもので、

「倒す!」

という気持ちが強ければ強いほど、余計な力みを生みやすくなります。

「倒す!」という心理は、ある種の自分本位な心理です。

 

しかし、判定勝ちを考えるという事は、

 

審判や観客

 

という第三者の心理まで考える、相対的な心理です。

例えば、戦いの中で疲れると、誰しも動きが鈍ります。

しかし、対戦相手よりも有効打や手数で負けている場合、判定にもつれ込むと、負けてしまう事を感じていれば、少々苦しくても攻めるしかありません。

 

つまり、練習の段階から、そのような局面を意識して行わないと、格闘技に必要なスタミナやスピードが身に付かないのです。

「疲れた→動きが鈍る」

という単純な公式では、相手を倒すどころか、倒されてしまいます。

 

これは何も無限のスタミナを身に付けろという話ではありません。

 

疲れたら、

・疲れたことを相手、審判、観客に悟られないようにする。

・なぜなら相手に隙を見せる事になるから。

・隙があると倒されるリスク、判定負けするリスクがある。

・ではどうするか?スタミナに余裕があれば攻め続ける。

・スタミナに余裕が無ければ、手数を減らしてタイミング重視にする。

 

という考えの基に動かなければなりません。

それができて初めて、一本勝ちやKO勝ちに繋がります。

 

昨日の格闘研究塾では、そこを強調してお伝えしました。

お二人とも、経験者なので、すぐに意図を理解し、実践できました。

昨日の稽古で確実に強くなりましたね。

 

心が変われば動きが変わります!

 

☆野沢先生のミドルキックを受け続けて腕が真っ赤(^^;)


PAGE TOP