相対軸を学べる唯一無二のクラス

格闘技はもちろん、スポーツ・ダンスにも応用可能

相対軸理論は2016年に川嶋が発表した、武術・格闘技、さらにはスポーツ・ダンスにも応用可能な新しい身体理論です。

相対軸理論とは、ノーモーションで自身の身体の重さを相手に効率的に伝えるコツを体系化したものです。

この相対軸理論を理解し、身に付けることによって・・・

格闘技であれば☞打撃力向上、投げ技の速度向上
武術であれば☞寸勁や浸透勁の修得
スポーツであれば☞投球、キック、バッティング、走力の向上

などにつながります。

相対軸理論のクラスでは、相対軸の基礎から学び、上級者には各々が希望する技術の相対軸化を指導します。

参加者は格闘技や武術経験者に限定しません。
スポーツ経験者や、相対軸理論に興味があるダンサーやトレーナーの方も歓迎します。
ご自身のバックボーンをお伝えいただき、どのような技術が必要なのか?または、何に困っている(行き詰っている)のか?など、ご相談いただければ、相対軸理論に基づいた、効率的な身体操作を提案、そしてそれを身に付ける為に必要なこと(思考法・トレーニング法等)を丁寧に指導致します。

これまでの参加者

プロボクサー、キックボクサー、フルコンタクト空手、総合空手、ブラジリアン柔術、ムエタイ、中国武術、ダンサー、プロクライマー


参加者の声

40代男性 2019年バンタム級 第3代王者




川嶋佑先生は、トップアスリートの身体操作をわかりやすく言語化・文章化できる希少な指導者だと考えます。

先生との出会いは2016年。
35歳以上のキックボクシング大会「NICE MIDDLE!」に出場し、チャンピオンを目指し練習に励んでましたが、ケガが多く今までの練習方法に疑問を持ちはじめた頃でした。
フルコム山田編集長のブログで川嶋先生の存在を知り、直感で「俺が求めてるのはコレだ!」と感じ先生の元へ出稽古に行きました。

先生の相対軸/内発動理論は、一般的な練習方法(身体操作)とは異なり衝撃を受けましたが、知れば知るほど「理にかなったもの」であることがわかりました。
劇的に変化した点は、内的要因でケガをすることがなくなったこと!
また顔面パンチに対する恐怖の対策、試合前の緊張のほぐしかた等など…多岐に渡りアドバイスいただき、おかげさまでタイトルを奪取することができました。

川嶋先生は、格闘技に限らず他のジャンルのスポーツに活かせる身体操作の指導ができる希少な指導者と考えます!
その動き(身体操作)は、日常の私生活にも活かせるものです。

NICE MIDDLE 第3代バンタム級チャンピオン
町工場の健康オタク職人
深見 裕

日時・場所

日時:毎週木曜日 19:30~21:00
場所:BUDO-STATION

受講費

6,600円/月
※ビジター利用者は、3,000円/回

入会のお申込みはブドーステーションからお願いします。

http://budo-station.jp/page-38/

※ビジター利用は事前にブドーステーションへ連絡し、当日ブドーステーションへ料金をお支払いください。現金だけでなく、paypay払いも可能です。

PAGE TOP